ライン

品質(革の品質、縫製技術の品質)に”こだわり”を有した日本革ブランド

コードバン財布ブランド CORDOVAN素材は、年々希少性を増すと共に、価値感(価格)も高まっている革素材です。 それゆえに、偽物のコードバン財布(単なる馬革を使用)や粗悪なCORDOVAN素材を使用して 創作された財布なども、多数市場に出回るようになってきました。

そういう状況下において、単に「価格(安価)」だけで商品選びをしてしまうと、痛い目に 逢うこととなってしまいます。ゆえに、重視たいのが正規ルートでコードバン素材を輸入して、 高い縫製技術を有する職人の手によって、財布づくりを行っている・・そんな革ブランドから 商品を購入するということではないでしょうか。

品質(革の品質、縫製技術の品質)への”こだわり”を有しているという意味では、日本の 革ブランドが上位に位置しているものと思っています。
ここでは、そんな”こだわり”を有した日本革ブランドの中から、「コードバン財布」を 手がけている日本有数のブランドをご紹介したいと思います。

ライン
ライン

多彩なコードバン財布シリーズを有する”キプリス/CYPRIS”

ブランド
モルフェ社が創出した、日本革ブランドが”キプリス/CYPRIS”です。日本の革ブランド の中で、歴史的に最も「コードバン財布」への取り組みが深く、多彩なコードバン製品 (水染めコードバン、オイルシェルコードバン、ナチュラルコードバン) を 創出しています。

”キプリス/CYPRIS”のコードバン財布シリーズはこちら。

ライン

”蝋引き仕上げ”コードバン財布を手がける”ココマイスター/COCOMEISTER”

ブランド
誕生してから、まだ歴史の浅い日本革ブランドですが、上質な欧州革素材と日本の革職人 技術を活かすことに”こだわり”を持った革製品創りが多くの人に認められてきており、 今急成長中の革ブランドとなっています。世界的にも数少ない”コードバンを扱うタンナー(姫路)” にて、オリジナルの”蝋引き仕上げコードバン”を創出。希少性の高い、蝋引きコードバン財布 を創作・販売しています。

”ココマイスター/COCOMEISTER”の蝋引き仕上げコードバン財布はこちら。

ライン

独自の”グラデーション染め”コードバン財布を創出。”ユハク/YUHAKU”

ブランド
『YUHAKU』は革職人兼デザイナーである仲垣友博が立ち上げた日本革ブランドです。 独創的な作品(デザイン)と、それらを作り上げる職人技術が大きな魅力となっています。 中でも、仲垣氏が培った「絵画技法」を基に研究開発の上、創出した「グラデーション染めコードバン財布シリーズ」は、他では味わうことの出来ない 絵画的な美しい色彩を楽しむことができるコードバンアイテムです。

”ユハク/YUHAKU”のグラデーション染めコードバン財布はこちら。

ライン

美しい曲線美が魅力のWILDSWANS(ワイルドスワンズ)

ブランド
日本革ブランド WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の財布は、まさに”手仕事”と言うに相応しい丁寧な 作りが特徴です。一般的にはあまり手をかけることの少ない「コバ処理」にも、こだわりの 手仕事が。厚みと面取りを施し、美しく磨き上げた艶のあるコバは職人技を感じさせる ポイントとなっています。 また、美しい曲線美のあるフォルムはワイルドスワンズならではの、オリジナリティー 溢れるデザインであり、人気の要素となっています。

”WILDSWANS(ワイルドスワンズ)”のコードバン財布シリーズはこちら。

ライン

重厚感のある”GANZO ガンゾ”のコードバン財布

ブランド
少々財布フォルムに厚み感が感じられるのが特徴ともなっている”GANZO ガンゾ”のコードバン財布。 丁寧な縫製は、高い耐久性を創出しています。重厚感溢れる財布風情がGANZOコードバンの魅力と なっているのではないでしょうか。

”GANZO ガンゾ”のコードバン財布シリーズはこちら。

ライン

コードバン製品 contents

ライン

CORDOVAN contents

ライン

INFOMATION